気まぐれダイアリーTOP ≫  映画・テレビ ≫  大島渚 作品

大島渚 作品

おすすめ!
映画監督、大島渚さんが15日、亡くなった。

生涯を通じ、作品やメディアでの言動を通して

タブーに確信犯的に挑んでスキャンダルを巻き起こし、

存在そのものが事件となる数少ない映画作家だった。


愛のコリーダ (1979年)
愛のコリーダ (1979年)
posted with amazlet at 13.01.15
大島 渚
三一書房
売り上げランキング: 98,900


大島渚プロダクションのオフィシャルサイトによると、

大島監督は1月15日の午後3時25分に息を引き取ったとのこと。

告別式などの詳細は、決定次第発表される。


愛のコリーダ [DVD]
愛のコリーダ [DVD]


京都出身の大島監督は、11932年3月31日生まれで京都出身。

954年に京都大学法学部を卒業後、松竹大船撮影所に入社。

1959年の監督作品『愛と希望の街』以降、ヌーベルバーグの旗手と称されるが、

安保闘争や学生運動を描いた『日本の夜と霧』が上映中止となったことに抗議し松竹を退社。

以後、主宰する独立プロ創造社で、『白昼の通り魔』『日本春歌考』『絞死刑』などを発表した。


愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)
愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

戦場のメリークリスマス [DVD]
戦場のメリークリスマス [DVD]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130115-00000081-mai-soci


-SPONSORED LINK-
Copyright (C) 気まぐれダイアリー. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。